家族での旅行に格安航空会社券は使えるのか

飛行機の望遠写真

家族での旅行に格安航空会社券は使えるのか

家族で旅行を計画しているなんて人も多いでしょう。やはり子どももつれて日本国内や世界各国へ行ってみたいのも当たり前の心理です。新幹線や時には船もありますが、やっぱり遠くまで行くには飛行機が速いでしょう。

そんな飛行機での家族旅行に格安航空券は使えるのでしょうか。

大手のJALやANAと比べると

3人家族
格安航空会社と大手のJALやANAでの家族連れや子どもへの料金についてみてみましょう。
大手のJALやANAだと、子どもも12歳までは割引をしてくれます。それ以降は大人料金となります。ですので、小学生の子どもがいれば安くは抑えられるようにはなっています。また3歳未満までは無料です。ですので幼児がいるときにも抑えられるようになっています。

一方、格安航空会社では2歳未満までは無料となることが多く、それ以降は大人扱いとして料金がかかります。早割をすれば安くはなりますが、それでも半額といったことにはなりません。

早く航空チケットを買えたときはいいのですが、そうでないときには大手のJALやANAを越してしまうこともあるのです。

別料金の落とし穴

家族連れとなると、荷物の量や重さも増えてしまいます。大手のJAFやANAだと無料ですので預けられますが、しかし、格安航空会社になると一定の重さを越えると別料金が発生します。家族連れだとこれが起きる可能性が高くなってしまいます。

また機内においても、座席指定を大手のJALやANAだと無料でできますが、格安航空会社では有料となります。
中学生以降であれば、座席が離れていても心配は要りませんが、小学生となるとそうはいきません。
ですので、座席指定をするとまた別料金が発生してしまうのです。なお、2才未満はかかりませんが、座席に座らせるとなるとお金が発生します。
自分の膝の上などに座らせないとそれだけかかると言うことです。

あと、格安航空会社によっては座席がかなり狭いです。幼児と一緒の席にしてもより肉低的にも負担がかかりやすくなってしまいます。また泣いたりすればより席も近いので、迷惑をかける確率もより高いと言えるのです。

格安航空会社よりも大手が向いている

家族連れとなると、格安航空券で乗る飛行機よりも大手の方が安心して乗りやすい、また料金も抑えやすい、いくらかか理想化といった目安もたてやすいです。

ですので家族連れの時には、大手と格安航空会社のどちらかにするかは、よく家族で相談してから決めるようにしましょう。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 大手のJALやANAを使ってきた人も、一度は格安航空券を使ってみよう! All Rights Reserved.