格安航空会社が航空券を安くできる理由とは

飛行機の望遠写真

格安航空会社が航空券を安くできる理由とは

格安航空券を使ったことがありますか。旅行によく行くという人や、また仕事で飛行機によく利用するという会社であれば、きっと使ったこともあるでしょう。
せっかく安くすませられるのですから、利用しない手はありません。

でも利用してみて、ふとなぜこんなに安くできるのかと思いませんか。
これで経営も成り立つのかと思ったりしませんか。

お客さんを呼び込むために

やはり安くする理由としては、搭乗する人を増やすためです。安いと利用者も増えてきて、安定すれば利益へと繋がります。
ただし、格安航空会社によっては経営再建した過去を持つところもあり、安さのために苦しむことも希にあるようです。
とはいえ、安くできるのも、1つにはコスト削減を徹底的に図っているからです。大手のJALやANAのように機体を何種類も用意せずに1種類にすることで、整備にかかる人件費や機器類の費用を抑えています。またパイロットも大手のJALやANAをやめた人を再雇用するなどして、育成のお金を削減しています。

また、大手のJALやANAだと無料となるサービスを有料化することで逆に収入へと繋げています。
機内の食べ物や飲み物で有料化をするなども実は効果的に働いています。

意外とオプションやペナルティでも有料化

燃料代を節約をするためには、機体を少しでも軽くしておきたいです。そのために、荷物の制限もかけてそれで燃料費の軽減にも繋げています。
また、機内持ち込みの荷物などで多い場合には、ペナルティとして別料金をとっています。これも意外と収入につながっているのです。
利用者のなかには、格安航空券を買ったのに、結局別料金が発生して損に安くなかったなんて体験もあります。それが燃料代などにも使われるのです。
あと、子供連れだと大手のJALやANAは12歳ごろまでは、半額や無料など安くします。しかし、格安航空会社では3歳を越えると大人料金と同じ金額をとります。さらに家族連れだと座席指定のオプション料も入ります。
それが収入へと繋がるのです。

ギリギリまで稼げる格安航空券

格安航空会社では、出発の3時間前までなんとしてでも航空チケットを売ろうとします。そのため安くしますが、結果的には空席よりかはいくらかの収入となります。
こうしたことで、空席を防ぎ、収益を少しずつあげています。それが航空チケットへと還元されていくのです。

このように正しく使えれば格安にもなりますが、そうでないと実はそんなに安くはならないのです。こうしたことも積もって安く販売できているのです。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 大手のJALやANAを使ってきた人も、一度は格安航空券を使ってみよう! All Rights Reserved.